ジャガイモのすさまじさってずぼらな俺

「ジャガイモって、やっぱり仕事だって、付くずく思ったわ」
そうか、何となくそうなのか、手抜きをした自身が禁物だったのか。

肉もある、人参もある、玉ねぎもある、ルーもある。
ただし、ジャガイモだけがなかった。
(ま、いいか、取りあえずジャガイモを入れなきゃならないって法はないんだからね)
といったアバウトな自身はジャガイモナッシングカレーを作ったのだ。
とにかく味見はした。
(こんなもんだよね)
なんてアバウトな自身、、いい加減な人間が一目瞭然です。
ただし夜間、家族で夕ごはんにカレーを食べた際、最初の一文に乗せたように娘に一喝?されてしまった。
ジャガイモの代わりにしめじは代用にはならなかったか、しめじはしめじで、素晴らしい仕事をしたは
おもうのだが。
ようするに、婦人としての面目をきちんと持って、夕食のパーツには妥協するな!
ということを学んだのだ。
ん?とすれば、シーフードカレーはどうしてなんじゃ?という問合せが沸いて現れる。
それはそれで、奴ら(シーフードら)が主人公なのか、、
カレーは奥が深い、婦人としての修業が足りないといった内省を通じて出直し婦人になろう。
と言いつつ、今夜の惣菜はどうしようか、また、アバウトな惣菜になりそうな予感がする。ここで効率よくiPhone7を予約してCMお天道様に安らぎ入手できました。