「自身より先に死んではいけない」関白断言に思う

販売に向かう車中でラジオから流れてきた

さだまさしの「関白宣言」
ミッシリ渋滞当事者の車中で流れてきたもんだらかたまらない
俺は40費用2児の夫人
高校生時代にお交際した亭主は、結婚して16年頃眼を迎え、交際年月を取り入れると
ざっと27年頃連れ添っておる。
関白宣言は、私の時代から思いの外上の時代に流行ったフォークソングになるかと想うが
つまらない辺りから一心に聞いていたキャリアがある。
遅まきながら歌詞を噛みしめてみると、激しい歌ですなぁというこういう年になってわかってきたように思う。
若い時は、専売欲望の凄い制限旦那の歌だと思っていたけど、ふと違うような気がした。
私も今の亭主は、ボクが好きになり猛アタックの末に付き合ってもらい、長い交際を経ての結婚式となった。
元を振り返りながら歌詞を聞くと末日は涙涙です。
お子さんが育って年頃をとったら
俺より先に死んではいけない
たとえばたった一年中も良い
俺より先に逝ってはいけない
何も取り除ける俺のアプローチを握り
涙のしずく数個こぼせ・・・
という貫くのだが、ロマンスといった結婚式身辺とでは、情愛のアレンジに気づく瞬間がくる。
千差万別のロマンスという、人生添い遂げるという決意の情愛とでは相当違うことに気づく。
二人のキッズが成長し親元を離れ、夫妻二人の身辺を先々控えることになる。
「お前のお陰でいい人生だった」って、言ってもらえるような身辺を送りたいものだ。
結婚式身辺16年頃眼、大きな問題もなくファミリー仲良く暮らせてある至福。
こういう至福がこれからも貫くものだと思っている(願っている)。
が、但し「至福は長くは途切れる」といったよく言う…。
お天道様一年中を大切に、一本調子こそがハッピーという噛みしめながら生きていきたい。
「愛する母親はお前ただ独力」といった言わせてやりたい。
親父これからもさながらね(笑)
今一度、「関白宣言」の歌詞を一読やる。iPhone7をソフトバンクで入手するポイントをここで紹介していらっしゃる

わんわん泣かれるよりも心が痛む…(:_;)

ギャンギャンという大きな声で泣かれるのもイライラして来るが、辛さを持ちこたえシクシク変わるほうが父母としては母乳が痛みます。
我が家の1方幼児がこの春によって幼稚園へ訪れだしました。

幼稚園へ行くことは実に楽しみにしていましたので、最初は良かったのです。
にこにこで招待のバスに乗り込んで笑顔で我々に手立てを振りながら行っていました。
けれども本当に通ってみて先ずバスに乗ってしまったら何時間も奥様に会えないんだっについてに気づいたようで…午前制服を着せようとすると「奥様といった離れたくないな」っとすっごく悲しそうな外見を通してシクシクってこらえるように泣きます。
窮する我々を気遣ってか、あきらかな内容笑顔で「幼稚園楽しいよ」「○○えらい?」といった。
私が喚きそうです(:_;)
だからといって寝かせるわけにもいかないので、行かせてますが。
これ程哀しいならギャンギャンという「行きたくない~!」という泣かれた方がいいかも…
短く慣れて幼稚園へ行く事が当たり前の常々になって余裕笑顔で行ってほしいものです。iPhone6にSoftBankに乗り換える